2018年のクリスマス イルミネーション 野外をワンダホーに演出する

2018年クリスマス

2018年のクリスマス、間近になってきました。
いちだんと豪華に、気分を盛り上げる野外のイルミネーションは大切なアイテムです。
飾り付けはセンスの良さがアピールできますから張り切っちゃいますね。

野外の飾り付けは思っているよりもクリスマスライトが必要になります。
「途中で足りなくなっちゃった」なんてことにならないように用意します。

くっきり鮮やかに光る灯り、宝石を散りばめたようなロマンティックな雰囲気は
心が和みます。
野外に飾るので防塵、防雨、耐寒性に優れた太めのやわらかいコードがおすすめです。

SUCCUL クリスマス イルミネーションライト

SUCCUL クリスマス イルミネーションライトは
コントローラーを使って調整、常時点灯するほか、8つの点滅パターンが設定できます。
100球のLEDタイプのイルミネーションが10m、10こまで連結ができます。

クリスマスイルミネーション 明かりの色

SUCCUL クリスマス イルミネーションライト、明かりの色はシャンパンゴールド、グリーン、ブルー、ホワイト、ミックス、ピンクとそろっています。

点滅する華やかな野外のイルミネーションは見る人のこころをなごませてくれます。
なにかとせわしない師走ですが、12月上旬くらいに早めにセッティングを終えて点灯を待つ気分はウキウキ。
小さなお子さんだけでなく大人も心躍るクリスマスイルミネーションです。

クリスマスイルミネーションの設置で注意すること

今まで使ってきた古いイルミネーション(10年近く前のもの!)、もったいないからといって使うのは止めたほうがいいです。
防雨対策ができていなかったり、漏電の心配があったりで安全性に不安があります。

またイルミネーションを点滅させる時間帯はタイマー使用でコントロールしましょう。
消し忘れて朝までつけっぱなしになっていると電気代もかかりますし、LEDの灯りがまぶしくて近所迷惑にもなります。

野外のクリスマスイルミネーションをきれいにみせるには

イルミネーションの飾り付けは意外と手間がかかるものです。
予めどんなふうに飾るのか決めて飾り方など調べておくとスムーズにいきます。
イルミネーションを点灯させている時は室内の灯りが外にもれないように明るさを落としたり、カーテンを閉めたりすると外のイルミネーションがいちだんと映えます。
素敵なクリスマスのイルミネーションディスプレイに、思わず足を止める方がいたりするとうれしいですよね。

クリスマスイルミネーション 野外用