コロナ石油ストーブは電気不要、災害の停電ブラックアウト対策に

ストーブ

2018年(平成30年)9月6日3時7分に
北海道で起きた地震後、現地のホームセンターなどでは
電源を使わないタイプの石油ストーブを
人々が競って買い求め、
店頭から姿を消してしまいました。
入荷してもあっという間に品切れ状態になるようです。

ブラックアウトを経験した北海道民としては
今回は寒い時期の大災害ではなかったものの、

もしマイナス10度もありえる冬の寒い時期に
地震が起きたとしたら・・と誰しもが思い
電源不要の石油ストーブは必須との結論にたどり着いたのでしょう。

北海道だけでなく、
寒さが厳しい時期の災害はどこでもありえますね。

常備していて役立つ防災グッズの灯油を使用する石油ストーブ。
一番人気が高いコロナ石油ストーブについてご紹介します。

コロナ石油ストーブのポータブルタイプの種類

持ち運び、好きな場所に移動可能なコロナ石油ストーブには
2種類のタイプがあります。

遠赤外線を放射させる反射式石油ストーブと

広い空間を温める対流式石油ストーブです。

10畳までの部屋を暖めるなら反射式石油ストーブ、
居間など17畳までの広さ全体を暖房する場合は
対流式石油ストーブが目安です。

反射式石油ストーブは部屋の真ん中でもコーナーでも
好きな場所に設置して使用できますが
対流式の場合は部屋をまるごと暖めますから部屋の中央に置きます。

反射型、対流型ともにストーブを消火した後も
遠赤外線で部屋の壁、床、天井が温まっているから
室温の下がり方が石油ファンストーブと比較すると緩やかです。

コロナ石油ストーブの給油方法

コロナ石油ストーブの反射式タイプは
給油タンクを本体から取り外して灯油を入れます。
一度に給油できる量は機種により異なり3.7リットル~5リットルです。

対流式ストーブは本体と給油タンクが一体なので
灯油タンクをストーブのところに持ってきて補給するか
ストーブを保管している灯油タンクの場所まで移動させる必要があります。
日常的にストーブを使う場合は力仕事になるので少し面倒です。

対流式石油ストーブのタンク容量は7リットルほどです。

ちなみに対流型ストーブの重さは13畳タイプのSL-5118が9.9kg、
17畳タイプのSL-6618が11.2kgの重さです^^;

コロナ石油ストーブを消臭機能で選ぶ

ストーブを消火する時や燃焼時のニオイは結構気になりますね。
触媒燃焼ニオイ取り、ニオイカット消火、クリーン燃焼機能がついて
石油ストーブ特有のニオイに神経質な方にも安心な、
快適に使えるコロナ石油ストーブ反射式タイプの型番は

SX-E3518WY

【あす楽】【在庫あり】SX-E3518WY-HD コロナ 石油ストーブ SXシリーズ (木造9畳まで/コンクリート13畳まで) 遠赤ヒーター【smtb-k】【ky】【KK9N0D18P】

SX-E2918Y があります。
【あす楽】【在庫あり】SX-E2918Y-HD コロナ 石油ストーブ SXシリーズ (木造8畳まで/コンクリート10畳まで) 遠赤ヒーター【smtb-k】【ky】【KK9N0D18P】

コロナ石油ストーブは替芯のストックがあると安心

石油ストーブは芯を変える作業がいずれ必要になります。
定期的に取り替えることが理想なのですが

ストーブの芯が短く減ったり、
芯がガチガチに固くなり火のつきが悪くなったり、
いつもよりニオイが気になるという場合はストーブの芯を変えます。
説明書に従って取り替えれば簡単です。

防災、停電、ブラックアウト対策に買ったものの
数回しか使わず、

いざという時に使おうとすると
芯が固くなったりなど調子悪くて
使えないなんてことにならないように
コロナ石油ストーブと一緒に替芯を購入しておけば安心です。

ホームセンターやメーカー通販でも
コロナ石油ストーブの替芯は取り扱っていますが
やはりネットで購入するのが安上がりです(笑)

替芯をストーブの調子が悪くなる前から常備しておいて
快適にコロナ石油ストーブを使いたいですね。

コロナ石油ストーブ、冷える足元を暖めたいなら

冷えを感じやすい足元をしっかり温めたいなら
対流式ストーブより反射式ストーブがおすすめです。

どうしても暖かい空気は上に行きやすい、
足元冷たくなりやすいんです。

両タイプのストーブを使ってみて思うのは
反射式ストーブは床が特に温まりやすいということです。

ストーブの近くにいると
からだ全体がポカポカ、足も温まります。

特に冷え性の方や
お年寄りや小さなお子さんにはぴったり。

部屋の広さにあった反射式タイプを選べば
空間全体が温まり快適です。

まとめ

コロナ石油ストーブを選ぶときは
次の点を考慮します。

・部屋の広さにあった機種選び
・反射式タイプか対流式タイプか
・給油方法に注目、タンク式か一体型か
・ニオイ消臭機能が強化されている
・足元があたたまるのは反射式
・快適に石油ストーブを使用できるように替え芯をストックする