メルシーポットS-503、電動鼻水吸引器でママは大助かり♪

ベビー

親戚の3歳児の子が、ひんぱんに鼻水が出てママが困っていました。
長引く鼻水に、病院へ連れて行ったら中耳炎ですと言われ抗生物質の薬を処方されて大変だったのよ、と。
また中耳炎になったら大変と、鼻水がひんぱんに出るとママは不安になり、鼻水吸引器を使うようになったのだと。
最初は自分で吸うタイプの鼻水吸引器を使っていたのですが、
うまく取れないからとメルシーポットの新型を購入したのと言っていました。電動鼻水吸引器、赤ちゃんやお子さんだけでなく鼻づまりの大人にもよさそうです。

メルシーポットS-503はこんなふうに使う

メルシーポットのスイッチを入れ、ノズルを赤ちゃんやお子さんの鼻の中に入れて吸い取る、これだけです。
ただ、どんな感じで吸い取るのか、自分でメルシーポットを実際に体験してからのほうがうまく作業ができます。
ノズルを鼻に挿入したままにするのではなく、鼻水のありかを見つけるようにノズルを回転させ動かし角度を変えながら手際よく吸っていきます。

メルシーポットS-503 鼻をうまくかめない

鼻をかむのは何歳からできるのでしょうか。
3歳児でもふんとうまくできたり、5歳児であってもできなかったり個人差が相当あります。
それにお子さんが鼻をかめるといっても、大人のように効率よくかめるわけではありません。鼻水がたれていたり、フガフガしてたりしたらメルシーポットで鼻水吸引してあげると楽になります。

ただ動作音が比較的大きいので、お子さんによってはびっくりして嫌がる場合もあります。

「がんばったね、ほらお鼻スースー、気持ちよくなったでしょ?」
鼻水や鼻づまりで苦しむより、吸い取ってしまったほうが楽になるって理解させると次の時も嫌がらずに吸引をさせてくれます。
赤ちゃんの場合はそうもいきませんが^^;

ママが鼻水吸引をしてあげたほうが病院でするよりもお子さんは安心しますよね。

メルシーポットS-503 病院通いできない時に

なかなか良くならない鼻水吸引のために病院通いするのは、ママにとって時間的にも費用の面でもかなりの負担です。
仕事を中断、あるいは終わってからお子さんを連れて病院へとなれば時間が取られます。
何度も通院することになれば費用面が大きくのしかかります。
風邪が流行っている時に、お子さんを連れていくのはうつる心配がありますからしたくないですよね。
メルシーポットでなら、自宅でいつでも時間を気にせず鼻水吸引してあげられます。

まとめ

スイッチを入れてノズルを鼻に挿入するだけで、赤ちゃんやお子さんの不快な鼻水や鼻づまりを楽にできるメルシーポット。
新型のメルシーポットS-503にはベビちゃんクリックがつき、吸引パワーをストックしてから取れにくい鼻水もどっと一気に吸引。
鼻水や鼻づまりは中耳炎や蓄膿症などにつながる場合もありますから、
ママが気づいた時に、いつでもお子さんの鼻づまりをとって予防できますね。