匠味米の精米機はほんとに必要なのか?

生活家電

山本電気の匠味米精米機を求めるまでは

お店で米は売ってるし、玄米をわざわざ自宅で精米する必要あるのかな、と思っていました。
友人宅で精米したてのお米を食べて考え方が変わりました。
ツヤツヤでふっくら、甘みがじわっと広がる、これってすごい高級米じゃないの?って感じ。


聞いてみると、特別なお米ではなくご飯を炊く前に精米したものなんだという。
こんなに美味しいなら今買っているお米をワンランク落として、精米機買ったほうがいいかも、と思いました。
我が家の、ぼやけた味のご飯の原因は米の鮮度にあったようです。

さっそく手にした山本電気の匠味米の精米機についてお知らせします。

 

匠味米 精米機はどこがいいのか?

毎日精米したてのおいしいご飯が食べたい、そんな方にぴったりな匠味米の精米機。
実際お米が好き、といっても精米のしかたはいろいろあります。
スーパーや米屋で販売されているお米の種類は白米はもちろん、
無洗米、胚芽米、分づき米、玄米ととっても多い。
その日の用途や気分で、自宅で手軽に精米できるのはとっても魅力です。

匠味米の精米機は次の10種類の精米ができます。
みがき米、白米、胚芽米、8分づき、7分づき、6分づき、5分づき、4分づき、3分づき、2分づき米。

玄米や白米を無洗米に仕上げる機能があるのはとてもありがたいです。
米を研ぐ必要がない無洗米は手間がかかりませんし、水道代も節約できますから。

フレッシュモードでは、古米の表面を取り除いて酸化したお米を生き返らせます。
お米は精米したてが一番美味しいのは間違いなし。
スーパーや米屋で陳列され売られている米を、当日精米で買えることはほぼありえないです。
精米したての米は、魚に例えたらピチピチ新鮮な刺し身にぴったりなもの。
噛みしめるほどに旨味が感じられます。

匠味米の精米機必要なのかな?

スーパーなどでどこでも手に入るお米。
多くの産地や種類、ブレンド米が売られています。
精米年月日が記載されているもの、いないもの、ブレンド米の種類と産地が全て明記されている米はほぼなし。
安全性からいっても、自分で選んだ玄米を買って食べるときに精米したほうが安心できます。
安心と美味しさ、好みの精米を望む方には匠味米の精米機は必要でしょう。

匠味米精米機は ていねいな精米

山本電気、匠味米の精米機は特許技術モーターのマイコン制御が搭載されている高性能のモーターです。
多くの精米機は、一気に高速でガーッと同じ速さで米を精米するのですが匠味米の場合は、最初は高速、次は中速、最後は低速と速度を変えて精米します。
ていねいに変速で精米することで、米の温度上昇を抑えておいしい状態に仕上げます。

家庭用精米機、匠味米が健康維持に一役買っています。
栄養豊富な玄米を無洗米で精米してストックしておくと、洗わず使えて非常時にも便利なんです。
週に一回食べてまた補充、玄米が毎日はちょっときついですが(笑)

玄米ごはん

匠味米精米機はお手入れ簡単

お米を精米した後のお手入れは大切です。
きちんと米ぬかを落とさないと虫が発生したりしますから。
精米後の手入れは、容器や備品に付着している米ぬかを大きなブラシで落とすだけで洗わなくてOKです。
家庭用精米機は、なによりパーツを自分できれいにできるから安心です。
購入した玄米を精米所に持ち込んで精米する場合、場所によっては精米後の米に糠がついていたり、
米ぬかが機械の周りに飛び散っていて、いつ掃除したのか疑問だったり。
お金を出して精米したのに納得できないこともよくあります。
山本電気、匠味米の精米機はいつでも清潔に使えます。

匠味米精米機 まとめ

匠味米の精米機は特許技術のマイコン制御でお米を10種類に精米できます。
精米後のお米に熱を持たせず美味しいお米に仕上げます。
お手入れも簡単で容器などをブラシで掃除するだけ。
いつも美味しいお米を食べたい方や、安全なお米を自分で精米したい方、
古米をみがいて新鮮な状態に仕上げたい方にはぴったりな家庭用精米機です。

美味しいお米が大好き♪