手間が省ける牛乳パック利用、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー

キッチン家電

タニカのヨーグルトメーカーを長年使っています。
ヨーグルトの他に塩麹やホシノ酵母のタネおこし、甘酒や味噌・納豆作り(ちょっと不満の出来)、ローストビーフや鶏ハムなどとても出番が多いんです。
とくに不満はないのですが(アラームがついていたら最高)、
専用の容器を電子レンジで殺菌するっていうのが面倒。
よく作るヨーグルトは殺菌されている牛乳パックをそのまま利用したらいいんじゃないの、とずっと思っていました。
パックを開けてたねのヨーグルトを入れまぜる、はいスイッチオン。手間が省けるし、そのまま冷蔵庫にスリムにストックできますから。
それありましたよ、アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーが。
価格も手頃なので買おうかなと思い調べました。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーの特徴は

アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーは温度を25~65℃のあいだで1度単位で設定できます。タイマーは1~48時間の間で1時間単位で設定可能です。牛乳パックは最大1000mlパックまで入れてヨーグルトを作れます。
ヨーグルトメーカーという名称ですが、実際はヨーグルトだけでなく甘酒、塩麹、納豆や天然酵母の発酵、低温調理など、いろいろな使い途ができます。
オールマイティーの調理器といってもいいような素晴らしい製品です。
ヨーグルト以外のものを作る時は容器を用意する必要があります。
付属品は、保存用容器(900ml)、ギリシャヨーグルト用水切りカップ、計量スプーン(すり切りで25ml)、牛乳パック用クリップです。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカー、ヨーグルト作りが簡単

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーは牛乳パックをそのまま利用してヨーグルトが作れるヨーグルトメーカーです。
牛乳パックを開けて、中に市販のヨーグルトを加えてかき混ぜます。
後は温度、タイマー設定してスイッチオン。
終了時のお知らせアラーム機能がないことが残念、タニカもないです。

プレーンヨーグルトか甘酒を選択して自動で調理を開始するタイプ、温度調節機能付き ホワイト IYM-014があります。温度と時間を設定する手間が省けます。

また飲むヨーグルトが作れるタイプも。
飲むヨーグルトモード 温度調節機能 付き IYM-013
飲むヨーグルトのほか、ヨーグルト(プレーン/カスピ海ヨーグルト)、甘酒、塩麹の自動メニューが付いています。

アイリスオーヤマ ヨーグルトメーカーうまくできない

実際に作ってみたけれどうまくできていない、前と味が違うような気がする・・
そんな時に考えられるのは

作っている室温に問題あり

ヨーグルトや塩麹、納豆などの発酵食品を作る時は温度を一定に保つことがとても重要です。
温度設定しても室内の温度が低すぎたり高すぎたりするとうまくできません。
アイリスオーヤマのヨーグルトメーカー、使用環境温度は5度から35度と書かれています。
範囲内の温度であっても冬は少しできるのが遅く、夏は早くに発酵が進む傾向にあります。
出来上がりがいつもと違う味かな?と思ったら設定温度や時間をチェックしてみたほうがいいです。
全てヨーグルトメーカー任せでうまくできればいいのですが、そのレベルにはまだ無理でしょう。

ヨーグルトの種菌について

ヨーグルトを作る時に牛乳に加える市販のヨーグルトの種類によってできあがるヨーグルトの味わいはずいぶんと変わってきます。お気に入りの市販ヨーグルト、同じ味に作りたいと思っても全く同じには作れません。使用する牛乳が違いますし作る環境も違います。
それがまた作る楽しみでもありますよね。いろんな種類の自家製ヨーグルトを安価に作れる魅力は一度ハマるとやめられないです笑。

ヨーグルトの種菌は新鮮なものを使います。日数が経過した残っていたヨーグルトは使いません。
市販のヨーグルトを買ってきた時に1回に使う分を小分けにして、冷凍ストックするという方法があります。私はこの方法でうまくいっています、自分で作ったヨーグルトを種にはしません。

まとめ

牛乳と少量のヨーグルトさえあれば、牛乳パックを利用していつでも手軽にヨーグルトが作れるアイリスオーヤマのヨーグルトメーカー。プレーンヨーグルトや甘酒、飲むヨーグルトを自動で作れるタイプもあります。40wと省電力で、いろいろな種類の発酵食品を作れます。