デミタスコーヒー【激ウマ】が美味しい理由はここにある

コーヒー用品

美味しいコーヒーを入れるのは簡単ではない
と思っていませんか?
実は意外と簡単に、美味しいコーヒーが自宅で飲めるのです。

コーヒーが好きでいろいろ試してるけど
最高に美味しいいれ方は見つからないわ。


どのように改善するのかというと、

ドリップする時に美味しい部分だけを抽出するのです。

カップをデミタスにすると

コーヒーを美味しく飲むためには
コーヒーの鮮度、ドリップのしかた、お湯の温度など
気にするところは、いろいろあるけれど

DSC_0160

デミタスカップでコーヒーを飲むと
同じコーヒーでも、美味しく感じます。

私がいつも飲んでいるコーヒーは
エスプレッソコーヒーではなく、
抽出するコーヒーの量を3分の2ほどにおさえた
少しだけ濃いめのドリップコーヒーです。

小さなデミタスカップに入れたコーヒーは
3、4回ほどで飲み干します。

デミタスとはフランス語で
小さなカップという意味です。

コーヒーが入る容量はおよそ60~90ccで
標準的なコーヒーカップが140cc程度ですから
半分程度しかありません。

小さなデミタスカップで飲むと
なぜ美味しいのか考えてみました。

1.淹れたてコーヒーの味が変わらない

 少量なので時間をかけずに飲み切るから味に変化が起きにくい。
 コーヒーは淹れたてが一番ですから。

2.コーヒーの温度が下がらない

 お湯を入れてデミタスカップを温めればさらにベストの状態です。

3.香りが広がる

 小さなカップぎりぎりまでコーヒーを注ぎ、鼻先に近づけて飲みますから
 香りがより深く感じられます。

このようにメリットが多いデミタスカップでいれたコーヒーに
すっかり魅了されて毎朝2杯のコーヒーが習慣になっています。

デミタスコーヒーとは

デミタスカップの由来を調べていたら
デミタスコーヒーなるものがあると知りました。

デミタスカップは
エスプレッソ用のカップとばかり思い込んでいました。

聞き慣れないデミタスコーヒー。
デミタスコーヒーは次のようにしていれます。

1.深煎りのコーヒー豆を挽く
2.布フィルターを用意してコーヒー粉を入れる
3.80~90℃のお湯をゆっくり時間をかけて注ぐ
4.1人分、70~80ccで抽出をストップ。

コーヒー一杯、140ccを抽出するところ
限りなく細い湯量(あるいはポタポタと点滴抽出で)を注ぎながら
時間をかけて半分の量で抽出を終了。

コーヒーをドリップする時に
じっとコーヒーがサーバーに落ちる様子を観察していると

最初濃かったコーヒー液がある時点から薄くなり始めます。
それがちょうど1人前で70ccほどの量です。

DSC_0146

そのようにコーヒーを入れてみると
香り高く濃厚でありながらスッキリして美味しい。

試しに薄くなって抽出されたコーヒーを別カップに入れて飲んでみると
雑味があり味が薄くて美味しくない。

ということは
1杯分のコーヒーの半分は持ち味をいかした
香りよく美味しい部分。
残りの半分は増量剤というべきか。

美味しい部分は濃いコーヒーではあるけれど
エグみがない分、意外と飲めてしまう。

薄めのコーヒーがお好きな方は
抽出したコーヒーに少しお湯を注いで
飲めばよいでしょう。

そして試して発見したこと。
深煎りコーヒーではなくても
好みの焙煎度合いでも(中深煎りがおすすめ)
美味しいです。

コーヒー好きのみなさま
デミタスコーヒー、ぜひお試しあれ。

すでにお気づきでしょうが
抽出量が少ないので
いつもと同量のコーヒーを飲むとすれば
コーヒーにかかる費用は2倍になります^^;

しかし間違いなく
美味しいコーヒーにありつけます。

そして大切なこと、コーヒー豆はくれぐれも厳選しましょう。

 

大人気の【送料無料】お試しセット
コーヒー通の豆専門店

タイトルとURLをコピーしました