かつおぶしや昆布はミルで粉末、丸ごと栄養摂取

素材

出しをとった昆布やかつおぶしには
まだまだたくさんの栄養が残されています。

余すところなく利用すべく
鰹節と昆布を電動ミルで粉末にして
あらゆる料理に活用しています。

 

 

鰹節はミルであっという間に
粉末状態になるのですが

昆布は厚みがあるせいか
水分があってそう簡単にはいきません。

昆布は2センチほどの長さに切り、
オーブンに入れてパリッとした状態にします。

140度ほどの温度で
様子を見ながら1時間ほどかけて
ゆっくりと乾燥させます。

粉末にすると意外なほど少量になるので
思い切ってたくさん切ってまとめて乾燥させます。

できあがったかつおぶしとこんぶの粉末があれば
料理はだしを取らずとも簡単にできます。

だししょうゆを作るときも
粉末状のかつおとこんぶを利用します。
みりん、酒、しょうゆを同量
そこに粉末を加えて
弱火で煮立てて完成です。
最後に細かいメッシュざるでこします。

こした粉末は捨てません(笑)
弱火で煮てふりかけにします。

梅干しと一緒に和えても美味しいです。

昆布とかつおぶしの栄養を余すところなく
体の中に取り込めます。

粉末昆布は少量の塩を加えるか
梅酢と一緒に昆布茶にして飲みます。

卵焼きにも粉末昆布。

煮物などに使う時は
だしパックの中にいれると
粉末が素材にからみつかずに
きれいに仕上がります。

酢飯を作る時には
粉末昆布をそのまま入れて混ぜます。
うまみ豊富な酢飯に早変わりです。

出汁を取る素材といえば
こんぶ、かつおぶし、しいたけ。

しいたけはまだ
ミルにかけて試していませんが

昆布同様、ぱりっとさせるには
オーブン加熱が多分、必要でしょうね。
近々試してご報告いたします。

タイトルとURLをコピーしました