パナソニックのフードプロセッサーを比較、イチ楽な機能はコレです

キッチン家電

料理の下ごしらえを短時間で完成させる
便利なフードプロセッサー。
料理がめんどくさい!と思う時ってどんな時ですか。

買って良かったー、マジで楽と
満足感が高い機能は、キャベツの千切り。

キャベツの千切りから開放されたいために
フードプロセッサーを購入する人もいるくらいなんです。

あっという間に沢山のキャベツの千切りが作れる
ありがたい機能搭載の
パナソニックのフードプロセッサーはこちら。

メニューの材料をそろえて下ごしらえをするのが
第一の難関です。
いろんな材料を使えば使うほど
洗う、皮をむく、切るという具合に手間がかかります。

材料が揃いさえしたら、
「よし作るぞ」と
やる気エネルギーが出てくるんですよね。

機械で代用できることは
やってもらうのが賢い料理作りですよ。

人気の高いパナソニックのフードプロセッサー、
価格帯が異なるMK-K48P-W、MK-K61-W、MK-K81-Wの
3種類が販売されています。
違いはどこにあるのか比較します。

パナソニックのフードプロ機能の比較表

機能の違いは下の表をご覧ください。

 機種名 カッターの種類 3段変速 鬼おろし
カッター
パン羽根 スライサー
MK-K48P-W ステンレス  ☓  ☓   ☓   ☓
MK-K61-W ブラックハードチタン  ○  ○   ○   ☓
MK-K81-W ブラックハードチタン  ○  ○   ○   ○

 

・パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K48P-W

一番シンプル、ベーシックなフードプロセッサーです。
ナイフ・カッターとおろしとろろカッターがついています。
速度は一定で調節できないのでふたを押して動作させる時間で
微調整をします。

例えばひき肉を作るときは小刻みに蓋を押して動作させます。
最初から一気に長時間蓋を押し続けるとモーターが止まったり、
細かくなりすぎてペースト状になったりします。
容器の中の肉の様子を目で確かめながら
スイッチオン、オフを繰り返します。

キャベツのみじん切りはナイフ・カッターで作れますが
スライス・千切りカッターが付属していないので
キャベツの千切りはできません。

・パナソニック フードプロセッサー ホワイト MK-K61-W

高速・あらびき・低速の「3段切り替えスイッチ」で
モーターの回転速度を変えられます。
パン、うどん、パスタ生地の練りができる
パンの羽根がついています。

キャベツのみじん切りはナイフ・カッターで作れますが
MK-K48P-W同様、スライス・千切りカッターがついていないので
キャベツの千切りは作れません。

 

・パナソニックフードプロッセッサー ホワイト MK-K81-W

ブラックハードチタンのスライサー、おろし・とろろカッター、
粗くおろす鬼おろしカッター、 スライス・せん切りカッター、生地練りパンの羽根と
全て揃っている上位機種です。
千切りカッターがついているのでキャベツの千切りができます。

パナソニックのフードプロセッサー、どれを買うべきか

パンやうどん生地作りを
フードプロセッサーでしたい方は MK-K61-WかMK-K81-Wです。
ホームベーカリーがあるから、
フードプロセッサーで生地作りしないでしょ、
というあなた、

実は私もずっとそう思って使っていませんでした。
しかし、実際にフードプロセッサーで生地づくりをしてみると
短時間で生地がとってもなめらかに出来上がるのです。

もちろんパン生地だけでなく、餃子やシュウマイの皮、
うどん生地、弾力あるツルッとした生地に仕上がりますから。

キャベツの千切りを作りたい場合はMK-K81-Wです。
手作業でキャベツの千切りって、
よほど手先が器用な方でないと辛い作業です。
時間がかかる割には太さがまちまちで
なかなか細くできない(泣)
たくさん作ったキャベツの千切りに塩をぱらりとかけて
オリーブオイルをかけるだけでサラダ1品出来上がり♪
その日の気分でツナやトマト、きゅうりなどを添えて
野菜不足にならないようにサラダ大盛りをテーブルに登場させられます。

また、スライサーの切れ味がよく3段変速で手間がかからない機種は
ブラックハードチタンスライサー付きのMK-K61-WかMK-K81-Wです。

ストレスなく素材をきれいにカットするには
やはり、刃の素材が大切です。

料理作りに楽しく取り組めるパナソニックのフードプロセッサー。
今日の食卓を笑顔で楽しみたいですね。

 

タイトルとURLをコピーしました