犬の爪切り、自分でやるのはむずかしくないんです

うちには姉妹のミニチュアダックスが2匹います。
犬の爪切り、
できるなら自分では切りたくないと思っていました。

愛犬が爪切りで
痛い思いをした経験があると拒否反応がすごいですもん。

DSC_1104

犬の爪切りはサロンがあるでしょ

サロンで切ってもらえばいいじゃない
と思うかもしれません。

病院と同じに思っているらしい
サロン大嫌いのうちのワンコは
家族の手で切ってあげるしかないのです。


前に犬の爪切りで失敗して
ちょっとだけ血を流したことがありました。

なんだそのくらい
たいしたことないでしょ、と思ったものの
愛犬は大騒ぎ。

だっこして爪を触ろうとすると
さっと引っ込めます。

爪切りじゃないって・・
ちょっと爪の伸び具合を確認しただけじゃない。

どんなに愛犬が嫌がっても
爪は切るしかありません。

そのままにしておくと
伸びすぎた爪は内側に丸まって
歩くことさえ不自由になってしまいます。

あるいは爪が途中で折れて
大事になります。

なのでどんなにワンコが嫌がっても
爪は切ります!

黒いワンコの爪は黒い(泣)

ワンコの爪は人の爪よりも
ずっと厚みがあって切りにくいことがあります。
爪の切りかたにも注意が必要です。
一度にバサッと切ってしまわないで
少しずつ爪切りの角度を変えて切っていきます。
茶色のダックスはそれほど手こずりませんが、

黒いダックスは爪も黒っぽくて
血管の位置がわかりにくく手こずります。

ワンコの爪切り嫌だなと
思う理由のひとつに
「切れ味の悪い爪切り」があります。

スパッと切れるギロチンタイプの国産の犬用爪切り

爪切りはスパッと切れないと
時間がかかるし、切れても爪がギザギザになるんですね。
最初、そのことがわからずに
ホームセンターで売られていた
犬用爪切りを買って切ってあげていました。

なかなか切れないものだから
ワンコは身をよじって抵抗したり
悲痛な鳴き声を上げたりで
ワンコも私もすっかり参ってしまったのです。

それからというもの
ワンコの爪切りについていろいろ調べました。

そしたら切れ味の良い、
ギロチンタイプの国産品があることを知りました。

爪切りでの、犬の恐怖心を取り去る

ワンコはうまく爪切りしてもらえない恐怖心から
騒いだり抵抗したりするのです。
そして爪を切る人のこともよく観察しているのです。
「この人は爪をちゃんとうまく切ってくれるのかしら」
と内心思っているのです。

大切なのは爪を切る人がしっかり落ち着いて
ワンコに安心感を与える。
決して怒ったりしてはいけません。
そばにワンコのおやつを用意して
おとなしく爪切りが終わったら
おやつあげるよ~と言い聞かせます。

よく切れる犬用の爪切りで
すばやく切ってあげるのです。

何度か爪切りをしていくと
ワンコも爪切りだいじょうぶなんだと学習します。
爪の伸び方を観察していると
よく伸びる爪とそうでもない爪があります。
全部一度に爪切りするのではなくて
伸びが早い爪をちょっと切って上げる。
終わったらおやつをあげる、を繰り返します。
なんなら、一回パチンと切るだけでもOKです。
ワンコの頭に爪切り安全、と思わせるためにです。

そしてできれば2人体制で爪切りできれば
さらにスムーズに行きますよ!

タイトルとURLをコピーしました