意外と知られていない昆布のデトックス効果

素材

昆布が持つ栄養価の高さはよく知られていますが
デトックス効果という昆布の効果は
「知らないよ」という方が多いのではないでしょうか。

体の中をきれいに掃除してくれる
すごい食材が昆布なのよ

台所の片隅にストックされている昆布。
戻すのが面倒だから、活躍の場がないよ~
なんて声も聞こえてきます。

だけど
昆布のデトックス効果を知ったら
見向きしなかった昆布を見る目つきが確実に変わります。

昆布のデトックス効果

体内にたまっている有害な毒素や老廃物を
害のない状態にしたり、体の外に排出する働きが解毒すなわちデトックスです。

昆布が体内に入ると
脂質や糖が吸収されるのをコントロールする働きがあります。
つまりこういうことです。
食事のメニューに昆布を加えることで
一緒に食べた肉の脂肪分、デザートの糖分の吸収を抑えてくれるのです。

さらに昆布のデトックス効果は続きます。
ウィルス、コレステロール、乳酸、活性酸素にも効果を発揮します。

さらに、さらにです。
からだの中に取り込まれる有害物質、
食品添加物、着色料、紫外線や電磁波、ダイオキシン。
こういったものに対しても昆布は解毒作用があるのです。

なんとしても
昆布食べなきゃだめ、と思いますよね。

昆布を最大限に有効活用するなら
なるべく細かな状態で摂取することです。

とろろ昆布、がごめ昆布、刻み昆布、粉末昆布が一押しです。

特に粉末昆布は便利です。
昆布をとっているという感覚なく飽きずに
食事のメニューに加えられるからです。

例えば味噌汁。
おわんに注いだ味噌汁に小さじ1杯加えます。

その他の料理、
卵焼き、ハンバーグ、生姜焼き、シチューや煮物など
ありとあらゆる料理に入れて少しずつ摂取します。
和食は全く気にならないし、少量なら肉料理でも目立たず美味しくなります。

1日に3グラムほどの昆布を取り続ければ
体調がぐんと良くなること間違いなし。

インフルエンザが猛威をふるった今年も
我が家では誰ひとりとして風邪をひくことなく
元気に過ごせました。

他にもいいこといっぱいづくしの和食の王様、昆布なのです。
(続く)

タイトルとURLをコピーしました